足立外科胃腸内科医院|外科、胃腸内科、内科、皮膚科

足立外科胃腸内科医院

院長紹介

はじめまして。院長の飯田修史と申します。

当院は祖父 小出来 一博が昭和37年に足立区青井に開業致しました。開業当初は入院施設もあり、虫垂炎やヘルニア、胃がんの手術なども行っていました。

幼少の頃、医院に遊びに行き、祖父が診療しているところをこっそり覗いたり、診察室の椅子に座らせてもらったりした記憶があります。その後、昭和60年に改築し、無床診療所となりました。

9歳の時に足立区青井に引っ越して以来、大学卒業までをこの地で過ごしました。

慈恵医大卒業後は慶應大学外科に入局し、一般的な外科手術や腹腔鏡による手術、内視鏡(胃カメラ、大腸カメラ)によるポリープ切除術などの研鑽をつんでまいりました。
種々の学会、論文発表を行い、各種専門医資格、医学博士の資格も得ております。

患者様は具合が悪くクリニックにいらっしゃるわけですが、体調の不良だけでなく、心配・不安も抱えて来院されます。

私の出身大学である慈恵医大の建学の精神に「病気を診ずして、病人を診よ」という言葉があります。

病気の治療のみでなく、不安や悩みなどを少しでも軽くし、笑顔になっていただけるよう、患者様の立場になり、真摯な心を持って診療にあたります。
患者様がかかりたい、かかってよかった、地域が在ってほしい、あるので安心、職員が働きたい、働いてよかった、といえる医療を行ってまいります。

院長略歴

足立外科胃腸内科医院 飯田院長
院長 医師・医学博士 飯田 修史 Iida Shuji

1976年6月21日生まれ

【学歴】
1995年3月 暁星高校卒業
1996年4月 東京慈恵会医科大学医学部医学科入学
2002年3月 東京慈恵会医科大学医学部医学科卒業
2014年1月 慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程 博士(医学)取得

【職歴】
2002年4月~2003年4月 慶應大学病院 外科 研修医
2003年5月~2004年4月 北里研究所病院 外科 医員
2004年5月~2005年5月 済生会宇都宮病院 外科 医員
2005年6月~2007年3月 栃木県立がんセンター 外科 レジデント
2007年4月~2010年3月 慶應義塾大学 一般・消化器外科 助教
2010年4月〜2012年3月 独立行政法人国立病院機構東京医療センター 外科 医員
2012年4月ー2018年3月 地域医療機能推進機構埼玉メディカルセンター 外科 医長

【所属学会・専門医、資格等】
日本外科学会 外科専門医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医、消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本医師会 認定産業医
日本医師会 認定健康スポーツ医

日本大腸肛門病学会
日本臨床外科学会
日本静脈経腸栄養学会
日本抗加齢医学会
日本内視鏡外科学会


【表彰】
2008年9月 第11回世界内視鏡外科学会(横浜)
・ Young Investigators Award
・ Best Poster of the Session Prize
演題名:Hand-Assisted v.s. Conventional Laparoscopic Restorative Proctocolectomy for Ulcerative Colitis

2012年10月 JDDW 第10回日本消化器外科学会大会 ポスター優秀演題(神戸)
演題名:腸閉塞の診断~手術が必要な所見はなにか?~

お問合せはTEL: 03-3880-1191
足立外科胃腸内科医院
24時間ネット受付