足立外科胃腸内科医院|外科、胃腸内科、内科、皮膚科

足立胃腸科外科

今週末(8/10、8/11)の暑さ指数(WBGT)情報(予測値)

今週末(8/10、8/11)の暑さ指数(WBGT)情報(予測値)をお知らせします。
お出かけの際の参考にしてください。

紫外線および熱中症対策もしっかりとるようにしてくださいね。
良い週末を!!

8/10(土)
3時 26
6時 27
9時 29
12時 30
15時 30
18時 27
21時 27
24時 27

8/11(日)
3時 26
6時 28
9時 30
12時 31
15時 30
18時 26
21時 24
24時 24

■暑さ指数(WBGT)の見方
暑さ指数(WBGT)が28℃を超えるあたりから熱中症患者発生率が急に上がり始めます。
WBGTが高い時に熱中症が起こりやすいため、この指数が労働現場、スポーツ時、日常生活での熱中症予防の目安として使われています。
ご自分の地域の暑さ指数(WBGT)をチェックして熱中症予防に役立てましょう!

○危険(31℃以上)
WBGT31℃以上では、特別の場合以外は運動を中止してください。

○厳重警戒(28~31℃※)
WBGT28℃以上では、熱中症の危険性が高いので、激しい運動や持久走など体温が上昇しやすい運動は避けてください。

○警戒(25~28℃※)
WBGT25℃以上では、熱中症の危険が増すますので、積極的に休息をとり適宜、水分・塩分を補給してください。

○注意(25℃未満)
WBGT21℃以上では、熱中症による死亡事故が発生する可能性があります。

○ほぼ安全(21℃未満)
WBGT21℃以下では、通常は熱中症の危険は小さいですが、適宜水分・塩分の補給は必要です。


■日常生活に取り入れやすい紫外線対策
①紫外線の強い時間帯を避けましょう。
②日陰を利用しましょう。
③日傘を使い、帽子をかぶりましょう。
④袖や襟のついた衣服で覆いましょう。
⑤サングラスをかけましょう。
⑥日焼け止めを上手に使いましょう。
(参照:環境省「紫外線環境保健マニュアル」)


詳しくは下記をご参照ください。

暑さ指数についてhttps://www.adachi-ichou.com/blog/246.html
熱中症についてhttps://www.adachi-ichou.com/consultation/67.html


院長 飯田 修史
足立外科胃腸内科医院(外科・胃腸内科・内科・皮膚科)【五反野、青井のクリニック】   
お問合せはTEL: 03-3880-1191
足立外科胃腸内科医院
24時間ネット受付