足立外科胃腸内科医院|外科、胃腸内科、内科、皮膚科

足立胃腸科外科

乳幼児の夏カゼ「ヘルパンギーナ」流行中

ヘルパンギーナが流行しています。

23日の国立感染症研究所の発表によると、直近1週間(8〜14日)の患者報告数は全国38都道府県で前週よりも増えています。

ご注意ください。

【ヘルパンギーナについてのまとめ】
●病原体:主としてコクサッキーA 群ウイルス
●好発年齢:4 歳以下の乳幼児に多い。
●流行時期:春季から夏季に多く発生し、流行のピークは7月頃。
●潜伏期間:3-6 日
●感染経路:飛沫感染、接触感染、経口感染
●症状:突然の発熱(39℃以上)、咽頭痛。咽頭に赤い発疹がみられ、次に水疱となり、間もなく潰瘍となる。
●診断法:症状より診断。
●治療法:有効な治療薬はなく、対症療法が行われます。
●予防法 飛沫感染、接触感染として一般的な予防法を励行。
●登校(園)基準:本人の全身状態が安定している場合は登校(園)可能。ただし、手洗い(特に 排便後)を励行する。

詳しくは下記のページをご参照ください。
https://www.adachi-ichou.com/consultation/268.html

気になる症状がありましたらお気軽にご相談ください。


院長 飯田 修史
足立外科胃腸内科医院(外科・胃腸内科・内科・皮膚科)【五反野、青井のクリニック】 
お問合せはTEL: 03-3880-1191
足立外科胃腸内科医院
24時間ネット受付