足立外科胃腸内科医院|外科、胃腸内科、内科、皮膚科

足立胃腸科外科

ヘルパンギーナ

ポイント

足立外科胃腸内科医院02
  • 病原体:主としてコクサッキーA 群ウイルス
  • 好発年齢:4 歳以下の乳幼児に多い。
  • 流行時期:春季から夏季に多く発生し、流行のピークは7月頃。
  • 潜伏期間:3-6 日
  • 感染経路:飛沫感染、接触感染、経口感染
  • 症状:突然の発熱(39℃以上)、咽頭痛。咽頭に赤い発疹がみられ、次に水疱となり、間もなく潰瘍となる。
  • 診断法:症状より診断。
  • 治療法:有効な治療薬はなく、対症療法が行われます。
  • 予防法 飛沫感染、接触感染として一般的な予防法を励行。
  • 登校(園)基準:本人の全身状態が安定している場合は登校(園)可能。ただし、手洗い(特に 排便後)を励行する。

ヘルパンギーナとは

ヘルパンギーナは乳幼児の間で流行する夏風邪の一種で、突然の発熱(2−3日続く38−40℃の高熱)と口腔粘膜にあらわれる水疱性の発疹を特徴とした急性のウイルス性咽頭炎です。

その大多数はエンテロウイルス属に属するウイルスに起因し、主にコクサッキーウイルスA群である場合が多い。

我が国では毎年5月頃より増加し始め、7月頃にかけてピークを形成し、8月頃から減少を始め、9~10月にかけてほとんど見られなくなります。

患者の年齢は5歳以下が全体の90%以上を占め、1歳代がもっとも多く、ついで2、3、4歳代の順で、0歳と5歳はほぼ同程度の症例が報告されています。
ヘルパンギーナとは

どのようにして感染するのか?

感染経路は接触感染を含む糞口感染と飛沫感染です。
急性期にもっともウイルスが排泄され感染力が強いですが、回復後も2 ~4週間の長期にわたり便からウイルスが検出されることがあります。

どのような症状がでるのか?

3~6日の潜伏期を経過し、突然の発熱(39℃以上)に続いて咽頭痛が出現し、咽頭粘膜の発赤が顕著となり、口の中に直径1~2mm(大きいものでは5mmほど)の小水疱が出現します。

小水疱はやがて破れ、浅い潰瘍を形成し、疼痛を伴います。発熱は2~4日程度で解熱し、それにやや遅れて粘膜疹も消失します。発熱時に熱性けいれんを伴うことや、口腔内の疼痛のため不機嫌、拒食、哺乳障害、それによる脱水症などを呈することがありますが、ほとんどは予後良好です。

まれに無菌性髄膜炎、急性心筋炎などを合併することがあり注意が必要です。

どのように診断するのか?

足立外科胃腸内科医院
確定診断には患者の口腔内拭い液、特に水疱内容を含んだ材料、糞便などを検査材料としてウイルス分離を行うか、あるいはウイルス抗原を検出しますが、
実際には臨床症状による診断で十分なことがほとんどです。

どのような治療法があるのか?

ヘルパンギーナに特効薬はなく、経過観察を含め、症状に応じた治療(対症療法)が行われます。ウイルスによる病気なので抗生剤の投与は意味がありません。
まれに髄膜炎など中枢神経系の合併症などが起こる場合があるため経過観察をしっかりと行うことが重要です。

元気がない、高熱が出る、発熱が2日以上続く、嘔吐する、頭を痛がる、視線が合わない、呼びかけに答えない、呼吸が速くて息苦しそう、水分が取れずにおしっこがでない、ぐったりとしている、などの症状がみられた場合はすぐに医療機関を受診しましょう。

予防

ヘルパンギーナに有効なワクチンはなく、予防できる薬もありません。

ヘルパンギーナは治った後でも比較的長い期間、便などからウイルスが排泄されることがあります。また、感染しても発病はせずウイルスを排泄している場合があります。

予防としては患者だけでなく回復者に対しての接触予防および飛沫予防が重要で、特に手洗いの励行、排泄物を適切に処理することが重要です。衛生観念がまだ発達しておらず、生活距離が近く、濃厚な接触が生じやすい乳幼児の集団生活施設では、施設内での感染の広がりを防ぐことは困難です。

また、乳幼児では原因となるウイルスに感染した経験のない者の割合が高いため、感染した子どもの多くが発病します。保育施設などの乳幼児の集団生活では、感染を広げないために、手洗いの励行と排泄物の適正な処理、またタオルや遊具(おもちゃ等)を共用しないなどが感染予防対策となる。

登校(園)はどうすればよいのか?

ヘルパンギーナは学校保健安全法において、「学校において予防すべき感染症」として個別に規定されていません。

主症状から回復した後も2〜4週間にわたり児の便からはウイルスが排泄されることから、流行の阻止を目的とする登校(園)停止は有効性が低く、現実的ではないと考えられています。

本疾患の大部分は軽症疾患であり集団としての問題は少ないため、熱が下がり、本人の全身状態が安定している場合は登校(園)可能です。

参照

気になる症状がありましたらお気軽にご相談ください。

院長 飯田 修史
足立外科胃腸内科医院(外科・胃腸内科・内科・皮膚科)【五反野、青井のクリニック】
ご相談ください。院長より
お問合せはTEL: 03-3880-1191
足立外科胃腸内科医院
24時間ネット受付