足立外科胃腸内科医院|外科、胃腸内科、内科、皮膚科

足立外科胃腸内科医院

インフルエンザ

インフルエンザとは?

足立外科胃腸内科医院02
インフルエンザはインフルエンザウイルスによる呼吸器感染症で、毎年冬の時期(12月~3月)に流行し、短期間で多くの人に感染が拡がります。インフルエンザウイルスにはA、B、Cの3型があり、流行的な広がりを見せるのはA型とB型です。

例年の季節性インフルエンザの感染者数は国内で推定約1,000万人とされます。主に飛沫感染(感染している人の咳・くしゃみにより発生した飛沫を吸い込む)および接触感染(感染した人が触った直後のドアノブなどに触り、そのまま目、鼻、口に触る)によって流行が広まります。
インフルエンザ

どんな症状があるの?

のどの痛み、咳、鼻水、鼻づまりといった呼吸器系の症状だけでなく、38℃以上の高熱や頭痛、関節痛、筋肉痛、全身のだるさなど全身症状が主体となることが多く、いわゆるかぜ症候群とは区別して考えるべき「重くなりやすい疾患」です。潜伏期は比較的短く、1〜3日が一般的ですが、5日以上の報告もあります。

インフルエンザそのものによる病態のほかに、細菌の2次感染によって重症化することが多く、特に高齢者や免疫の低下している人では肺炎球菌や黄色ブドウ球菌の重複感染による肺炎の合併に注意が必要です。また、小児ではまれに脳炎や脳症(インフルエンザ脳症)をおこすこともあり注意が必要です。インフルエンザの症状に加えて意識障害(呼びかけに答えないなど)、意味不明の言動、持続性のけいれんといった症状がみられたら速やかに医療機関を受診してください。

小児のインフルエンザでは、インフルエンザ脳症とは別に、異常行動が約10%にみられます。ほとんどが発熱1~2日目にあらわれ、1~2日間で軽快します。異常行動は抗インフルエンザ薬が使用されていなくても報告されていますので、小児・未成年者がインフルエンザと診断され、治療を開始してから少なくとも2日間は、異常行動による事故を防ぐために、自宅で小児・未成年者が一人にならないように注意してください。

どのように診断するの?

足立外科胃腸内科医院
鼻やのどの粘液を綿棒でぬぐった液(鼻腔ぬぐい液)を材料とする迅速診断キットにより診断します。検査する材料のうまく採取できなかったり、症状が出る前のウイルス量が少ない時期に検査した場合は感染していても陽性にならないことがあります。

臨床的にはかぜ症候群との鑑別は簡単ではありませんが、突然の高熱、強い倦怠感、四肢痛などの症状が診断の手がかりとなります。

治療法は?

インフルエンザの主な治療法は、抗インフルエンザウイルス薬の使用です。現在日本で一般的に使われている抗インフルエンザウイルス薬には、飲み薬、吸入薬、点滴注射薬などがあります。

抗インフルエンザウイルス薬をできるだけ早期(できれば48時間以内)に投与開始することにより、ウイルスの増殖を抑えて発熱などの症状が消えるのを早めたり、体外に排出されるウイルスの量を減らすなどの効果があるといわれています。

その他、脱水にならないよう水分補給が重要です。発熱に対してはアセトアミノフェンが推奨され、2次性の細菌感染も重症化の大きな要因となるため抗菌薬の使用も適宜行います。

予防法は?

インフルエンザに対する予防の基本はインフルエンザワクチン(不活化ワクチン)による予防接種です。

また、普段から健康管理をし、十分に栄養と睡眠を取って抵抗力を高めておきましょう。

インフルエンザ流行期にはマスク着用、手洗い(アルコールを含んだ消毒液で手を消毒するのも効果的です。)、人混みを避けるなどに留意し、ウイルスが体内に入るのを防ぐようにしましょう。周囲の流行状況や地域の感染症サーベイランス情報にも注意を払う必要があります。
インフルエンザ

インフルエンザワクチンについて

その年に流行するインフルエンザが毎年予測され、予防接種のためのワクチンが作られます。予防接種でインフルエンザウイルスの感染や発症そのものを完全には防御できません、重症化や合併症の発生を予防する効果は証明されており、高齢者に対してワクチンを接種すると、接種しなかった場合に比べて、死亡の危険を1/5に、入院の危険を約1/3~1/2にまで減少させることが期待できるとされています。

インフルエンザワクチン接種後、抗体獲得までは約2週間かかり、効果は約5ヶ月間持続します。

インフルエンザワクチンはいつ接種すればいいの?何回接種すればいいの?

・13歳未満
2回接種します。流行前に2回接種が終わるように、1回目は10~11月、2回目は11月中に接種するのがおすすめです。(1回目を接種した後、およそ2~4週間(できれば4週間)あけて2回目を接種)

・13歳以上
原則1回接種ですが、患者さんの状況等によって医師の判断により2回接種が勧められる場合があります。インフルエンザは年末から3月に流行するために12月上旬までにワクチンを接種するといいでしょう。

インフルエンザにかかってしまった後、いつになったら学校、会社へ行けるの?

・小児の場合
学校保健安全法において、インフルエンザ(鳥インフルエンザ及び新型インフルエンザ等感染症を除く)に罹患した場合、「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで」出席停止とされています。

ただし、病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めたときは、この限りではありません。出席停止の期間は、各学校・園によってそれぞれに定められている場合もありますので、詳しくは、各学校・園にお問い合わせください。

・成人の場合
成人には、インフルエンザと診断されてからの出勤再開に関して特に決まりはありません。しかし、一般的にインフルエンザ発症後7日目でも鼻やのどからウイルスを排出している可能性があるため、たとえ発熱等の症状がなくなっていても他の人にうつすことはあるので外出には注意が必要です。
基本的に、発熱がなくなってから2日目までが外出自粛の目安です。しかし、完全に他の人にうつさなくなる時期は明らかでないため、業務上可能であれば、発症した日の翌日から7日を経過するまで外出を自粛することが望ましいと考えられます。

当院では数分で診断できるインフルエンザ迅速診断キットおよび抗インフルエンザウイルス薬を用意しております。
インフルエンザが疑われる症状のある方、ご家族がインフルエンザにかかってしまって心配な方など、お気軽にご相談ください。
ご相談ください。院長より
お問合せはTEL: 03-3880-1191
足立外科胃腸内科医院
24時間ネット受付