足立外科胃腸内科医院|外科、胃腸内科、内科、皮膚科

足立外科胃腸内科医院

風しん・先天性風疹症候群

風しん・先天性風疹症候群について分かりやすく説明します。

風しんってなに?

風しんはインフルエンザの2-4倍の感染力があるといわれ、風しんウイルスを含んだ飛まつ(咳やくしゃみ、会話などで飛び散るしぶき)を吸い込んで感染します。

春先から初夏にかけて流行し、潜伏期間は2-3週間(平均16-18日)で、感染しても症状が出ない人が15-30%程度いるといわれ、感染した本人が気づかずにまわりにうつしてしまうことがあります。
足立外科胃腸内科医院02
一度自然に感染すると、生涯続く免疫が体内に作られるため、その後、風しんにかかることはないとされています。この免疫は、風しんワクチン(病気を起こす力を弱めた風しんウイルスを含む弱毒性生ワクチン)を接種をすることでも作られます。発症予防には風しんのワクチン接種が極めて有効です。

風しんは子供の病気と思われがちですが、大人の間でも風しんの感染が広がっており、成人で発症した場合、高熱や発疹が長く続いたり、関節痛を認めるなど小児より重症化することがあります。

先天性風しん症候群ってなに?

免疫のない女性が妊娠初期(およそ妊娠20週未満)の時期に風しんにかかると、おなかの赤ちゃんも風しんに感染し、先天性風しん症候群(CRS)の赤ちゃんが生まれることがあります。先天性風しん症候群の主な症状は、先天性の白内障、心疾患、難聴などです。

先天性風しん症候群は、それ自体の治療法がありません。その予防のためには、妊娠を予定または希望する女性は妊娠前に風しんワクチンを受け、風しんの免疫を獲得しておくことが最も重要です。
足立外科胃腸内科医院02
また、妊婦への感染の可能性を減らすため、妊娠後に風しんの免疫が十分でないとわかった場合は、妊婦の周囲にいる夫や家族、職場の同僚なども風しんにかからないよう、風しんワクチンを受けておくことをおすすめします。

風しんの予防接種は、抗体の有無に関わらず接種しても問題はありません。但し、現在ご妊娠をご希望なさっている方、不妊治療中の方は接種されると約2カ月間の避妊が必要になります。

そのため、接種される前に抗体検査を実施し、検査結果によって接種されるかどうかを決めることもできますのでご検討下さい。

(風しんワクチンを受けたか不明な方、風しんにかかったことが確実でない方は、まず風しんの抗体検査(血液検査で分ります)を受けることをお勧め致します。)

料金について

(予防接種(任意接種)、抗体価検査は自費となります)
足立外科胃腸内科医院
  • 抗体価検査料金:6,000円(税込) 自費、完全予約制となります。
  • 風疹ワクチン:6,000円(税込) 自費、完全予約制となります。
  • 麻疹・風疹混合(MR)ワクチン:8,640円(税込)自費、完全予約制となります。
予防接種後、抗体検査をご希望の方は8週間後(2ヶ月後)に採血での抗体検査(自費6,000円(税込))を行います。

風しんの予防接種は、はしか(麻疹)も一緒に予防できる「麻しん風しん(MR)混合ワクチン」を受けることをおすすめします。
ワクチン接種をご希望の方は、事前にお電話にて接種希望日をお伝え下さい。
接種希望日にあわせて在庫を確保致します。

注意事項

  • 妊娠中もしくは妊娠している可能性のある女性には接種できません。
  • 接種前28日以内に他のワクチン接種を受けている方は、受けたワクチンの種類によっては接種日を遅らせる場合があります。
  • 接種後約2ヶ月は避妊が必要です。(男性を除く)
  • 接種後30分程、急性期の変化が無いかクリニック内で待機、経過観察をします。
  • 1回のワクチン接種で約95%の方が抗体を獲得しますが、抗体ができたか心配な方は接種後6週以降に抗体検査(自費6,000円(税込))を受ければ確認できます。

助成制度について

足立区では足立区に住民登録のある妊娠を希望・予定している19歳以上49歳以下の女性で、風しんにかかったことがなく、風疹予防接種を受けたことがない方を対象に風しん抗体検査を無料で行っています(2018年5月15日現在)。詳しくは足立区ホームページをご覧いただくか、保健予防課保険予防係(03-3880-5892)までお問い合わせください。
足立区では先天性風疹症候群の予防を目的として、麻疹・風疹混合(MR)混合ワクチンまたは風疹単独ワクチンの接種費用の助成を行っています。

助成対象者

風疹の予防接種を希望する接種日現在足立区に住民登録のある妊娠を希望・予定している19歳以上49歳以下の女性で、抗体検査の結果、抗体価が低い方。(抗体価が32未満、または8未満
※男性に対しての費用助成はありません。

助成内容

足立区発行の予防接種予診票を足立区指定医療機関に持参することで、麻疹・風疹混合(MR)混合ワクチンまたは風疹単独ワクチンが下記の自己負担額(本来の費用の約半額)で接種できます。
  • MR混合ワクチン:5,000円
  • 風疹単独ワクチン:3,000円

予防接種予診票申請方法

注意事項

足立区指定医療機関以外での接種は助成の対象にはなりません。
接種後の申請は助成の対象にはなりません。必ず接種する前に予防接種予診票を申請してください。
各ワクチンの在庫状況等は直接医療機関にお問合せください。
接種の際は、必ず医療機関に予約をしてください。
ご相談ください。院長より
お問合せはTEL: 03-3880-1191
足立外科胃腸内科医院
24時間ネット受付