足立外科胃腸内科医院|外科、胃腸内科、内科、皮膚科

足立外科胃腸内科医院

麻しん(はしか)

麻しんってどんな病気?

麻疹は麻疹ウイルス(Paramyxovirus科Morbillivirus属)によって引き起こされる感染症であり、空気感染(飛沫核感染)、飛沫感染、接触感染と様々な経路で感染し、その感染力インフルエンザウイルスの2-4倍と極めて強力です。

免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症し、一度感染して発症すると一生免疫が持続します。
足立外科胃腸内科医院02
かつては毎年春から初夏にかけて流行が見られていましたが、平成27年3月27日、世界保健機関西太平洋地域事務局により、日本が麻しんの排除状態にあることが認定されました。現在は海外からの輸入例や、輸入例を発端とした集団発生事例を認める状況となっています。

麻疹は空気感染するため、手洗いやマスクでは予防ができません。そのため、ワクチンによる予防が最も重要となります。

どんな症状があるの?

感染すると約10-12日間の潜伏期を経て発症し、発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。38 ℃前後の発熱が2~3日続いた後、39℃以上の高熱と特有の発疹が全身に出現します。中耳炎や肺炎、脳炎を合併し重症化する可能性があるので注意を要します。
麻しん
肺炎の合併は6%に認められ、乳児では死亡例の60%は肺炎に起因するものといわれています。10万人に1人程度と頻度は高くないものの、麻しんウイルスに感染後、4~8年の潜伏期間を経て発症する亜急性硬化性全脳炎(subacute sclerosing panencephalitis: SSPE)と呼ばれる知能障害、運動障害が徐々に進行する中枢神経疾患を発症することもあります。

先進国であっても麻疹患者約1,000人に1人の割合で死亡する可能性があるとされ、わが国においても2000年前後の流行では年間約20~30人が死亡していました。

唯一の有効な予防法はワクチンの接種によって麻疹に対する免疫を獲得することであり、近年は麻しん含有ワクチンの2回接種が行われ、麻しんに感染する方の人数は減っています。

ワクチンについて

発症すると麻しんに特異的な治療法はなく、対症療法が中心となります。

中耳炎、肺炎など細菌性感染症を合併した場合には抗生物質(抗菌薬)の投与が必要となります。
麻疹は空気感染し、手洗いやマスクでは予防ができず、ワクチンによる予防が最も重要です。
足立外科胃腸内科医院
麻しんワクチンを接種することによって、95%以上の人が麻しんウイルスに対する免疫を獲得することができると言われています。また、2回の接種を受けることで1回の接種では免疫が付かなかった方の多くに免疫をつけることができます。さらに、接種後年数の経過と共に、免疫が低下してきた人に対しては、2回目のワクチンを受けることで免疫を増強させる効果があります。

ワクチン接種の約2週間後から麻疹特異的な血中抗体が出現します。

また、麻しんの患者さんに接触した場合、72時間以内に麻しんワクチンの接種をすることも効果的であると考えられています。

海外渡航を計画している方、麻しんにかかったかどうかよくわからない方、予防接種を植えたかどうか明らかでない方は予防接種を受けることをおすすめします。

料金表

(予防接種(任意接種)、抗体価検査は自費となります)
  • 抗体価検査料金:6,000円(税込) 自費、完全予約制となります。
  • 麻しんワクチン:6,000円(税込) 自費、完全予約制となります。
  • 麻しん・風しん混合(MR)ワクチン:8,640円(税込)自費、完全予約制となります。
麻しんの予防接種は、風しんも一緒に予防できる「麻しん風しん(MR)混合ワクチン」を受けることをおすすめします。

ワクチン接種をご希望の方は、事前にお電話にて接種希望日をお伝え下さい。
接種希望日にあわせて在庫を確保致します。

注意事項

(麻しん・風しん混合(MR)ワクチンの場合)
  • 妊娠中もしくは妊娠している可能性のある女性には接種できません。
  • 接種前28日以内に他のワクチン接種を受けている方は、受けたワクチンの種類によっては接種日を遅らせる場合があります。
  • 接種後約2ヶ月は避妊が必要です。(男性を除く)
  • 接種後30分程、急性期の変化が無いかクリニック内で待機、経過観察をします。
  • 1回のワクチン接種で約95%の方が抗体を獲得しますが、抗体ができたか心配な方は接種後6週以降に抗体検査(自費6,000円(税込))を受ければ確認できます。
※現在、「麻しんワクチン」の入手が困難な状況となっています。「麻しん・風しん混合(MR)ワクチン」は入手が比較的容易な状況です。在庫に関しては電話にてご確認ください。

※足立区から任意接種の公費負担制度がある可能性があります。詳しくは足立区ホームページをご覧いただくか、保健予防課保険予防係(03-3880-5892)までお問い合わせください。
ご相談ください。院長より
お問合せはTEL: 03-3880-1191
足立外科胃腸内科医院
24時間ネット受付